保健師 派遣勤務

派遣勤務 -保健師求人ひろば☆

保健師の仕事も正社員として常勤で働くだけでなく、アルバイトやパートなどの非常勤で働いている保健師もたくさんいます。そんななかで派遣会社と契約して、派遣勤務として働いている保健師の存在も見逃せません。 これだけいろいろ世の中で派遣契約で働いている業種があるわけですから、保健師も当然ですが地方自治体や企業などに派遣されて働くこともできます。

 

派遣会社が派遣契約しているのも、一般の会社や企業だけではありません。都道府県や市町村などの自治体でも派遣会社と契約して、保健師を受け入れています。自治体の場合は行政保健師と呼ばれる保健師が、本庁や市町村などの保健所や保健センターで働いています。ただ保健師は男性もいますが、多くの保健師は女性です。そのため妊娠・出産・子育てなどの理由で、一時的に休職する場合もあります。

 

そんな時にアルバイトやパート募集をする場合もありますが、派遣会社と契約している自治体もあります。これは求人をして保健師を募集する時間的な余裕がない場合などは、派遣会社に依頼して急場をしのげるからです。仕事を探している保健師にしても、アルバイトやパートの募集を見て面接を受けるよりも確実に仕事ができるメリットがあります。

 

ただ派遣で働く場合のデミリットは勤務先との派遣契約が切れた場合には、次の仕事がいつあるか分らないことです。さらに派遣先で働いていてもいつ先方の都合で、契約を切られるか分らない不安を抱えることになります。アルバイトやパートとは違った勤務形態なので、そういった不安定があります。さらに必ずしも自分が希望する、勤務条件に合った求人があるとは限らないことです。

 

派遣として働く場合は、各自それぞれの事情を抱えています。自分に合った勤務条件の求人がなければ、派遣会社に所属している意味がありません。また派遣なので派遣先とのトラブルが起きた場合には派遣会社が事情は別にして、保健師の側に立って味方してくれることはまずありません。さらに保健師としての仕事の評価も、賞与や報奨金などの形では反映されません。

 

ただそれでもパートやアルバイトとして働くよりも給料の面では良い上に、人間関係などのしがらみストレスは少ないなどのメリットもあります。

 

さらに派遣としてさまざまな仕事を経験することで、自分自身のキャリアアップにもつながります。今後も保健師の勤務派遣のスタイルはどんどん増えると思われますが、現在は保健師だけを専門に扱っている派遣会社は多くはありません。保健師の派遣勤務を希望されるのであれば、保健師の転職サービスに登録されてみたら如何でしょうか。保健師の転職サービスのなかには、派遣会社の求人案件を扱っているところあります。

保健師求人サイト人気ランキング