保健師 復職

ブランクから復職して働く -保健師求人ひろば☆

結婚や出産、介護、その他家庭の事情など、仕事を辞めたり長期の休暇を取ったりする理由は様々です。育児休業や介護休業などの制度が整ったこともあり、こうした休業期間を経て、復職を考える方は少なくありません。特に多いのは、出産や育児で休暇を取った方が1年前後で職場へ復帰するというケースです。

 

保健師という仕事にとって、1年のブランクは大きいようです。
仕事の感覚を取り戻すのに時間がかかったり、器具や制度が変わっていて学び直すことがたくさんあったりなど、ブランクを経験した方の中には、復帰の際に大変な思いをした方も多いそうです。

 

医療の現場は日々進歩し、医療機器や技術もどんどん新しくなります。保健師の多くがかかわる行政機関では、制度が変わり、業務形態が大きく変わることもあります。
職場に復帰後、スムーズに仕事を進めていくには、復帰する前の準備が必要になります。

 

就職後も学び続けることが必要な保健師の仕事ですから、様々な講習会が行われています。なかにはブランクのある保健師の復職をサポートする講習もありますから、復帰前に参加しておくと安心です。全国で開かれる講習会のほか、職場内で講習を実施いているところもありますので、休暇に入る前に調べておくのも良いかもしれません。

 

一度仕事を辞めてブランクがあっても、保健師の資格をもっているのなら保健師の求人に応募することは可能です。正当な理由があれば、ブランクについては再就職の大きなネックにあることは、ほとんどありません。
保健師として働いた経験がすでにある場合には、難しく考えなくても、再就職先はいろいろあります。

 

しかし、復職は大変不安を伴うものです。一度仕事を辞めた方が再就職を考える場合は、特にその不安は大きなものになりがちです。

 

保健師への再就職を考えるなら、看護師や保健師に特化した転職紹介サービスを利用すると良いでしょう。良い職場を見つけやすいという理由もありますが、専門の転職紹介サービスでは、復職に向けてのサポートをしてくれるところもあるからです。専任スタッフが、不安や悩みなどの相談も受けてくれます。

 

教育体制の整った病院もありますし、非常勤やアルバイトで感覚を取り戻すのも良いでしょう。転職紹介サービスを利用することで、自分に合った職場を紹介してもらうことができます。無料で利用できるものがほとんどですし、再就職に向けての準備も兼ねて、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

保健師求人サイト人気ランキング