保健師の家庭訪問業務

保健師の家庭訪問業務 -保健師求人ひろば☆

保健師が行っていく業務の中に家庭訪問があります。 家庭訪問を行う家庭は基本的に頻繁に病院に通うことができないお年寄りや、体の不自由な患者さん、また過去に育児相談などに訪れた家庭などになります。 こうした家庭を訪れて生活をしっかりと把握するということはもちろんですが、それ以外は何か必要な情報があれば提供するし、困っている事があれば相談を受けた上でどのような解決策があるのかをアドバイスしたり、分からない事に関しては一度職場に戻ってから調べたりもします。

家庭訪問を行う際には保健師だけで行うという事は少なく、訪問看護師と一緒に行ったり、訪問介護士と一緒に行ったりすることがあると思います。 このような家庭訪問を行うことで助かっているという人もたくさんいて、保健師の家庭訪問業務というのはとても評判が良いものになっています。 家庭訪問を行っていると、市役所や保健センターに相談に来るよりも実際の生活を目にしながら話をすることが可能なので、どのようなことに困ってるのかということは良くわかると思います。

その上で適切なアドバイスをするのが可能になりますから、相談者としてももちろん助かります。 保健師としても様々なアドバイスを行ってあげることができます。 家庭訪問業務というのは時間外に行うことがありませんから、基本的には朝職場に出勤して家庭訪問に出向いていくという形になります。 家庭訪問の時間というのは30分前後になっていると思いますが、夕方勤務が終了する時間までには職場に戻るようになっているので特に大きなトラブル等がなければ残業をする必要もありません。

様々な家庭を訪問して相談を受けていくことによって、相談者の生活がリアルにわかりますし、そのほうが保健師としても解決策を考えていく上でわかりやすい部分がたくさんあると思います。 家庭訪問業務を行っている保健師というのは市役所などの行政や訪問介護ステーションなどに勤務することがほとんどになっています。

特に近年では訪問介護ステーションの求人が多くなってきていて、ヘルパーとともに、行政側との連携を図りながら家庭訪問を行い、情報提供なども行っていきます。 このように地域に貢献しながら働いていく保健師がいることで、自立した生活が困難な人たちも助かる部分が本当にたくさんあると言われています。 また、フルタイムで家庭訪問の業務をすることができないという保健師も午前中だけというような勤務や、午後だけの勤務も可能になっていると思いますから、看護師や保健師の求人サイトで家庭訪問業務の募集情報を閲覧してみると良いと思います。

保健師求人サイト人気ランキング