保健師と看護師の違い

保健師と看護師の違い -保健師求人ひろば☆

保健師と看護師が混同されやすい部分があると思います。 そもそも保健師になるためには看護師としての資格を持っていなければなりませんし、同じような役割を持って働いていることが多いと思います。 もちろん看護師として保健師が働いていくことも可能になっていますが、保健師の場合には職場も看護師に比べると沢山ありますし看護師よりも待遇は良いと言われています。 そのために看護師がキャリアアップする目的の一つに保健師があります。

看護師の場合には夜勤が多い職場などがほとんどだと思いますが、保健師は夜勤の多い職場というのが少なく、比較的日勤のみの職場になっています。 また看護師に比べると自分の健康などに関して不安を持っている人たちと身近に接することが可能になりますから、悩みを抱えてる人の立場に立つことができます。 悩みを改善することができた人の喜びを身近に感じる事も可能です。

保健師の場合には職場から頼られる部分もたくさんありますし、基本的に医師のいない職場で働く事がメインとなるので看護師とは大きな違いがあります。 看護師の場合にはある程度の経験が無ければ医師のいない職場で働く事は不可能ですが、保健師の場合には資格を取得した次の日から医師のいない職場で活躍することが可能になっています。 ただ求人情報を見つけるには、看護師と同じように看護師専門の求人サイト等を利用すると良いです。 もちろん、採用条件に関しては看護師よりも良いと言われてますし、非公開情報を知る事も可能になっています。

非公開情報は一般的には公開されていない情報ですから、とても沢山のメリットがありますし条件が良いというだけではなく、競争率が少ないので採用される確率が高いという部分もあります。

非公開情報というのは、専門の求人サイトを利用してコンサルタントひ直接紹介してもらわなければ仕事ができません。 保健師と看護師というのは仕事内容にも違いがありますし、もちろん条件にも違いがありますが、仕事を見つける際には看護師の求人サイトでも保健師の仕事を見つけることが可能ですから、コンサルタントに様々なことを相談してみると良いです。 保健師はこれからもニーズがどんどん高くなると言われていますし、早い段階で安定した職場に勤務することができれば今後困ってしまうようなこともないと思います。 中には保健師として働きながら介護の資格を取得したり、他にも様々な上位資格を取得したりしてる人もいます。

上手にキャリアアップすることができるような職場を見つけるというのも求人サイトの大きなメリットになりますので、本当にお勧めだと思います。 しっかりと看護師との違いを線引してくれるような職場が良いですね。

保健師求人サイト人気ランキング