看護師から保健師になる方法

看護師から保健師になる方法 -保健師求人ひろば☆

保健師を目指す人の中には、看護師として目指しているという人もいると思います。 看護師から保健師を目指すには、看護師としての実務経験を二年以上積んでから、保健師学校で一年間の教養を学ぶ必要があります。 しかし、看護師として働きながら保健師学校に通うことは難しく、学校に通うために、一時看護師の仕事を離職する人がほとんどだと思います。 この際に、問題なく学校に入校することができれば良いのですが、中々入校することが出来ずに、タイミングを逃してしまう人もいます。

そうなってしまうと、保健師になるための試験がどんどん遠退いてしまいますよね。 かといって、入校できるタイミングをいつまでも待つわけにいきません。 そこで、どうすれば良いのかというと、保健師学校を併設しているような病院で働くというのがおすすめです。 こうした病院であれば、看護師として働きながら、入校のタイミングを待つことが可能です。

保健師学校を併設している病院は、看護師、保健師の求人サイトですぐに見つけることが出来ます。 コンサルタントに紹介してもらうことで、わざわざ自分でたくさんの病院を調べる必要もありませんし、将来的に保健師を目指しているという事を、コンサルタントに伝えておけば、コンサルタントが病院側に伝えてくれますから、優先的に学校に入校できると思います。

学校に入校さえできれば、あとはしっかりと勉強をして試験に向かうのみです。 また、こうした学校であれば、保健師の試験に合格したあとも、雇ってくれるケースがほとんどですので、職場探しに困難を要することもないと思います。 看護師から保健師になるためには、一度看護師を離れなくてはなりませんので、その間の収入なども減ってしまいますが、こうした学校は、授業が無い週末などは短時間の勤務ができたりもするので、メリットが沢山あると思います。

どのようにして、学校を見つけたら良いのかと悩んでいる場合にはコンサルタントに一度相談してみると良いと思います。 試験に必要な勉強をするのは自分ですが、そのために様々な条件が必要になりますから、出来るだけ自分のペースを保って勉強ができるような環境を整えると良いと思います。 看護師から保健師になるためには、凝縮された内容を短期間で覚えなければなりませんから、とても大変ですが、環境が良いほうが勉強もしやすいことは間違いありませんから、タイムロスを防ぐためにも、効率よく学べる方法を見つけてください。

保健師求人サイト人気ランキング