保健師 健康保険組合

健康保険組合 -保健師求人ひろば☆

「保健師の仕事って何?」と思っている方もいるかもしれません。保健師とは怪我や病気の予防に重点を置いて、人々の健康管理に携わる仕事のことです。私たちが個人的に行う健康管理と同様に、健康の維持や怪我や病気の予防のためのさまざまな対策を行います。保健師の多くは市町村の保健所や保健センターで地域住民の健康管理に携わっている行政保健師ですが、行政保健師の他にも企業で従業員の健康管理を行っている産業保健師もいます。

 

産業保健師はある一定規模の企業で、企業で働く従業員の健康診断や健康相談に乗っています。医務室や保健室などで従業員からの健康に関する相談だけでなく、仕事や人間関係に関する相談なども受けます。従業員の定期健康診断なども行っていますが、定期健康診断だけでなく従業員からの聞き取りや生活全般の相談にも応じています。特に最近ではさまざまなストレスなどからうつ病になる人が増加しているので、身体のだけでなく心のケアも行っています。

 

そんな産業保健師の求人のひとつに、健康保険組合があります。健康保険組合での保健師の仕事は、健康保険組合に加入している小規模事業所の従業員の健康管理を行います。健康保険組合にも企業で作っている健康保険組合の他にも、同じ業種などで作っているいわゆる総合健康保険組合や健康保険組合の連合会があります。

 

従業員が50人以上の企業は労働安全衛生法で、産業医及び衛生管理者の選任や定期健康診断が義務付けられています。さらに健康診断結果の報告や、衛生委員会の開催といったことが法で義務付けられています。しかし従業員が50人以下の企業の場合は定期健康診断だけは労働安全衛生法で義務付けられていますが、保健指導は特に義務付けられていません

 

そのため従業員が50人以下の企業の場合はどうしても、「定期健康診断だけでも大変なのに、義務ではない保健指導など行う余裕なんてない」というのが企業側の本音です。従業員が50人以下の小規模事業所では、産業保健まで手が回らないというのが現実です。そのためこれらの小規模事業所が加入している健康保険組合が保健師を採用し、企業に定期健康診断後の保健指導を行っています。

 

看護師や介護士などの求人を行っている健康保険組合はありますが、保健師の求人はとても少ないのが現状です。求人を探すのが難しい健康保険組合ですが、まったくないわけではありません。募集自体が少ない健康保険組合の保健師ですが、興味がある方は保健師の転職サービスに登録してみては如何でしょうか。

保健師求人サイト人気ランキング