企業で働く保健師

企業で働く -保健師求人ひろば☆

保健師は、行政保健師、産業保健師、学校保健師の3つに分けられます。行政保健師は、保険所や保健センターなど、自治体の施設で働く保健師です。学校保健師は、大学や専門学校、養護学級などに勤務します。

 

そして、民間企業で活躍する保健師を、産業保健師と言います。大手の企業が持つ健康保険組合や企業の医務室などで働きます。

 

産業保健師は産業保健分野のコーディネーターとしての役割も期待されています。
医師や衛生管理者とともに、企業で働く労働者の健康管理を任されます。高度経済成長の時代には、労働災害や事故予防などが企業にとって大きな課題でしたが、近年では、生活習慣病やメンタル面のケアが重視されています。

 

従業員の健康を維持していくことは、企業にとって大きなメリットになります。人材を募集したり育てたりすることは、とてもコストがかかるからです。

 

産業保健師にとって大切なのは、企業の経営向上を考えながら、従業員の心のケアも行っていくことです。
企業と従業員の間には、ときに軋轢が生じます。このストレスを効果的に解消し、従業員の精神衛生を保ちながら企業を向上させていく手腕が求められます。

 

そのため、産業保健師は、人間性や人柄が重視されます。辟易した労働者の心をケアできる、相談しやすい雰囲気や人当たりの良さが必要になります。企業によってニーズは違いますから、企業が必要としているものを理解し、それを実践していく能力が要求されます。

 

自分の能力を最大限に活かせる企業を探すのは、ひとりでは困難です。産業保健師の転職には、転職サービスがとても役に立ちます。転職サービスでは、ひとりひとりの要望を聞いたり相談に乗ったりしながら、その人にマッチする求人情報を紹介してくれます。

 

産業保健師は、民間企業に雇用されるため、企業によって待遇に大きな差があります。また、求められるスキルも、企業によって様々です。安定して働き続けるためには、自分が満足できる待遇であることや、働きやすい環境であること、そして、自分の得意分野や付加価値が活かせる職場であることが大切です。企業は雇用形態も柔軟ですし、自分のライフスタイルに合った働き方も探せます。

 

産業保健師の求人は、非公開求人になっていることが多いようですし、登録して自分に向いている企業を紹介してもらいましょう。仕事の紹介だけでなく、転職できるまで支援してくれる転職サービスが多いので、企業で働きたい保健師の方にとって、心強い味方になります。

保健師求人サイト人気ランキング