保健師 正社員勤務

正社員勤務 -保健師求人ひろば☆

保健師の勤務スタイルも最近では多様化して派遣社員や契約社員で働いたり、さらにはアルバイトなどの非常勤で働く保健師の数も増えています。しかしどうせ保健師として働くのであれば、正社員として勤務したいという人も少なくありません。派遣社員や契約社員だと人間関係などの煩わしさもあまりないし、保育園や幼稚園などの遠足やイベント会場でのアルバイトの場合などは2〜3日間の短期間で働くことも可能です。

 

しかしその一方でそれでは地域住民の方々や働く人々の、健康管理が十分にできないと考える人がいても不思議ありません、もともと保健師の仕事は病気や怪我の予防に中心を置いて、健康管理に携わる専門職です。ただ女性が多い保健師ですから結婚や子育てなどで離職して、常勤で働きたくても働けない方も多いとは思います。

 

健康管理と言っても漠然としていて、分かりづらい点もあるかと思います。保健師が行う健康管理とは人々の健康の維持や、病気や怪我の予防や悪化を防ぐ仕事です。その他にも感染症の予防や個人の健康管理や、地域や職場全体の危険リスクを健康面から管理していきます。具体的には保健師の正社員勤務にも、公務員として働く場合と一般の病院や企業で働く場合とあります。

 

公務員として働く場合も市町村などの保健所や保健センターで働く行政保健師や、学校保健師に警視庁に勤務する保健師など同じ公務員でもさまざまです。また保健師の他にも病院やクリニックや健診センターなどの、医療機関で働く保健師もいます。さらに民間の企業で働く産業保健師や、独立開業して訪問看護ステーションや産業カウンセラーを始める保健師もいます。

 

市町村などの保健所や保健センターで働く行政保健師の求人探しのポイントは、各地方自治体のホームページや機関誌をこまめにチェックすることです。地方自治体によって保健師の求人募集を行っているところと、そうでないところとあるからです。さらに採用予定人数なども各地方自治体によって違います。試験内容も1次試験の教養試験などは、書店などに過去問集などが販売されているので購入して対策に備えてください。

 

警視庁なども独自の規定で、保健師の求人募集を行っています。これらの公務員の保健師の求人探しの場合は、その年の採用予定人数なども分かるわけですから、事前の対策が大事になってきます。あと注意が必要なことは公務員として常勤で働く場合は、基本的に新卒者が対象です。中途採用もありますが、その場合には年齢制限があるので要注意です。

 

次に一般の病院や企業などで常勤で働く場合は、保健師の求人そのものが少ないので保健師の転職サイトに登録するのがベストでしょう。新聞や求人誌などに掲載される求人案件とは比べものにならないほど、求人情報が豊富です。さらに求人情報だけでなく、正社員として応募する際の注意やアドバイスなどもしてもらえます。良い求人案件があればお問い合わせから、面接の段取りや同行なども親切に行ってくれます。

保健師求人サイト人気ランキング